verfahren und folter
裁判と拷問

裁判と拷問

告訴というプロセスは、長い間、裁判の最も主要な形態として存在しています。裁判において原告は、自らの費用とリスクで、被告が罪を犯したことを証明しなければなりませんでした。また、一部では裁判において、無罪の宣誓や神の審判などの、非科学的な方法がとられることもありました。中世中期では、当事者訴訟の他に、尋問プロセスも採用されました。これは職権によって行われ、物質的な真実を明らかにするために行われました。このプロセスとともに、拷問というものが、非人道的ではあるけれど、証拠を獲得するための有効な方法として、その地位を固めました。では、どのような規則の下に拷問が行われ、何によって廃止されたのでしょうか?

KM Logo

毎日午後10時から午後6時まで営業 最終エントリー午後5時15分

Burggasse 3-5
91541 Rothenburg ob der Tauber

大人: € 8,00
敬老優待者: € 7,00
学生: € 5,00
学童、小児(6歳以上): € 4,00
6歳以下の子供 無料
家族入館券: (大人2名とその子供、6歳から17歳まで) € 19,50
20名以上の団体: (お一人様あたりの料金) € 7,00
犬(ひもにつないでいる必要があります) 無料