博物館一巡

博物館を一巡する際、陳列は刑事訴訟手続きの経過(調査手続きから刑罰の執行に至るまで)を辿る構成になっています。各箇所にあるテーマゾーンでは、法制史の中でも特殊な領域に注目し、詳しい説明が施されています。

本館概観

入口: 受け付け、ミュージアムショップ、お手洗い

地下室: 訴訟手続きのはじまり、証拠調べの手順、拷問

2階: ゲルマン・フランク時代の法律、法律典範、教会と法律、異端審問手続き、町と法、封印、名誉刑、鉄の処女、婚姻法、法律における名誉と女性、手工業法、お手洗い

3階: 国内法と憲法、警察法、学校懲罰、市民の目を見張らせた犯罪事件、迷信、旅券制度、法の風刺、蔵書票とファイアンス焼き

地階: 身体刑と生命刑、自由刑、死刑執行人、盗賊と魔女

概観 ヨハニーターショイネ

地階: カフェテリア、ミュージアムショップ、マルチメディアステーション

中間スペース: 迷信

2階: 特別展示会場

屋階: 宴会場/会議場

ヨハニーターショイネは夏季シーズン中のみ開館されます。特別開館時間にご注意ください。

地下室 2階 3階 地階

Leave a comment